IT・システム・セキュリティ・総務・人事・労務・経理・財務・コンプライアンス
少しでも効率的にマイナンバー制度準備を始めたい方へ!

【企業向け】マイナンバー情報まとめ

マイナンバー制度がはじまります。

2016年1月より「マイナンバー制度」が開始される事が決定しました。企業では源泉徴収票などの所得税関連の書類や、社会保険関連の書類で、役所に提出するものにマイナンバーを記載しなければならなくなるため、社内の書類フローの見直しや、帳票類などの改変、システムの改変などが必要となります。IT・システム・セキュリティ・総務・人事・労務・経理・財務・コンプライアンス担当の方必見!少しでも効率的にマイナンバー制度準備を始めたい方へ、効率的に準備を進めるための方法をご紹介します。

 

マイナンバー

 

 

昨年の5月に「行政手続きにおける特定の個人を識別するための
番号の利用等に関する法律」が成立し、
2016年1月より「マイナンバー制度」が開始される事が決定しました。

 

マイナンバー制度が始まると、国民一人ひとりに個別の番号が付与されます。これにより、行政機関・自治体が分散して保持している各個人の情報が1つの番号で紐付けられ、申請を受けた行政機関がそれぞれの情報を照会し、
取得できるようになります。

 

これにより申請者が窓口で提出する書類が削減される等、
行政手続が簡素化されます。
また、給付金などの不正受給の防止や、よりきめ細やかな社会保障設計ができるなど、マイナンバー制度は国民である私達にとって非常にメリットがある制度であるといえます。

 

 

マイナンバー制度が企業に与える影響

 

しかし、企業ではどうでしょうか。
源泉徴収票などの所得税関連の書類や、算定基礎届けなど社会保険関連の書類で、
役所に提出するものにマイナンバーを記載しなければならなくなるため、
社内の書類フローの見直しや、帳票類などの改変、システムの改変などが必要となります。

 

また、マイナンバーは、われわれ一人ひとりを特定できるような
非常に機密性の高い情報のため、
プライバシー保護に関して、行政、民間を問わず番号の管理や利用は様々な制約を受け、制約違反や漏洩に関しては厳しい罰則が設けられる予定です。

 

企業がマイナンバーを利用する場合は、取得から破棄に至るまで
厳格な管理が必要となるため、
相応の社員教育や、情報セキュリティへの対策が求められます。

 

マイナンバー制度は、企業にとって負担が純粋に増える制度といえます。
帳票を扱う総務・経理部門だけでなく、システム部門や
コンプライアンスに関わる部門など、
幅広い部門に影響が及ぶことが想定されます。

 

 

マイナンバー制度への対応準備はお早めに

 

冒頭で書いたように、法律での裏づけがある以上、
企業にとってマイナンバー制度への対応を行う事は
コンプライアンス(法令順守)に他なりません。

 

今のうちに情報収集を行い、来るべき制度開始の時に向けて準備を進めましょう。

 

 

 

 

 

 


マイナンバー開始に向けての運用やシステム関連のご相談、 ご質問などがあればお気軽にお問い合わせ下さい。

※「お問い合せ内容」記入欄に、「マイナンバー」とご記入下さい。


企業がやるべきマイナンバーへの対策とは?

マイナンバー制度の概要と企業に与える影響について

社会保障・税番号制度、マイナンバーの概念、利用の分野についてなど、マイナンバー制度の概要と企業に与える影響について解説します。
総務・人事・労務・給与・財務・システム・ITのご担当者様へ。


マイナンバー最新情報

内閣官房社会保障改革担当室(番号制度)twitterまとめ

社会保障・税番号制度の内閣官房twitter公式アカウントよりツイートされた、企業に関係のありそうなものに関しての情報を集めてご紹介しております。twitterのアカウントが無くても閲覧可。



■最新記事


ホーム RSS購読 サイトマップ