このページのトップへ

「防塵・防水」屋外看板用 LED蛍光灯【POLALED’s】

電力を削減するには?安全性は?
看板照明の大幅な省エネを実現するポラレッズのよくあるご質問です。

看板の画像はイメージです

よくあるご質問

IP65/PSEマークについて

PSEマークとは?

 電気用品安全法は、電気製品が原因の火災や感電などから消費者を守るために施行された法律で、日本国内で100Vコンセントに接続して使用されるほとんど全ての民生用電気製品が対象となる安全規格です。この法律により、メーカーや輸入業者は、消費者が区別できるよう適合製品にPSEマークをつけて販売することを義務付けられました。
 PSEマークは、Product+Safety+Electrical appliance & materials の頭文字で、電気製品が安全性を満たしていることを示すマークです。

IP65とは?

 電気機械器具の外郭による保護等級(IPコード)です。電気機器で粉塵、水などに対してどれだけ保護できるかを示しています。前の数字が防塵、後ろの数字が防水性能を示しており、数字が大きいほど性能が高いといえます。

 

【防塵では】

 0は保護なし、1は50mm以上のサイズの固形物からの保護、
2は12.5mm以上の固形物、3は2.5mm以上の固形物、
4は1mm以上の固形物、5は粉塵に対する保護、6は粉塵に対する密閉性となっています。
【防水では】
 0が無保護、1が鉛直落下、2が落下(15度偏向)、3が散水(Spraying)、
4が飛まつ(Splashing)、5が噴流(Jetting)、6が暴噴流、7が一時的潜水、
8が継続的潜水となっています。
POLALED`sの取得するIP65の場合は「6.粉塵に対する密閉性」と「5.噴流に対する防水」となります。

 

その他のご質問について

 

直管型LED蛍光灯は暗く見えます。看板には不向きではないですか?

POLALED'sの放射角は230度

 内部の特殊加工により光を全方向に拡散、さら
に看板面の光ムラも削減します。
 ヒートシンクの覆っている角度を極限まで縮め
、放射角を230度まで高めています。また、LED
特有の一方向に放射される光を全方向に拡散する
レンズ加工をほどこしています。視認性はそのま
ま、従来の蛍光管よりも光のムラも軽減します。

照明看板をLEDにすると、照明器具全体を取り替えなければなりませんよね?イニシャルコストが高くつきませんか?

既存の照明設備そのままで

 従来の器具はそのままでOK、イニシャルの工事費を大幅に削減します
 従来の蛍光灯が設置されているサイン内部の環境をできるだけ変えず
 に直管型LEDに切り替え。イニシャルにかかる工事コストを最低限ま
 で抑えることができます。

雨風にさらされる屋外用の看板には、内部電源を持つLED蛍光管は使えないのでは?

 IP65とPSEマークを取得した、専用の外部電源を使用します。
 本体の電源劣化を避けるため、-20度から70度までの温度変化に耐える設計と防水、防塵加工を施した専用電源でのご提案になります。専用電源は、高品質の製品の証としてIP65とPSEマークを取得しています。

 

 トップページへもどる


ホーム RSS購読
HOME 看板用LED蛍光灯 よくあるご質問 導入事例 お問い合わせ
エイコーロゴ  超高速プリンター オルフィス  オフィスづくりのことなら空感創造  省エネ蛍光灯CCFL  省エネ蛍光灯 YES Light  蓄電池のことならチクナビで  エイコーエコスパ